教育実習生の授業を受けました

今回の授業では、「ドローイング」について学習しました。自分の頭の中に思い浮かんだ形を手の動きにまかせて一気に描きました。出来上がったみんなのドローイングは、それぞれの個性がよく表れていてとても面白かったです。
次は、画家モネの「絵は描くのではなく、見るのだ」という言葉の意味を考えながら体験することでした。体験には、絵を描く際に手元が見えなくなるメガネをかけ、目の前の友達の顔を一筆描きで描きました。実際に描いた絵をみると、できあがりの想像とは全く違い、歪んでしまってうまく描くことはできませんでした。
私は、この授業を通して、絵画は見ているものを写実的に、また抽象的にとらえたりして描かれますが、見たものを自分がどう感じて、どう表現していくかが大事なのだと思いました。

創造表現コース2年、美術部副部長 森川千愛

関連記事

  1. 2年生「油絵による自画像」の講評会をしました

  2. 1年次「自画像」作品を展示しました

  3. 広島城で水彩画を描きました

  4. 2年授業「静物デッサン」講評の様子

  5. 2年生の授業〜世界で一つの手作り籠〜

  6. 2年生授業で「紙立体」を制作しました

  7. 2年生授業レポート(テーマ制作)

  8. 授業では石膏デッサンを制作しています。

PAGE TOP