平和を願う心を伝えたい。平和の寄付樹木説明板が完成し平和公園に設置しました。

平和の寄付樹木について

2019年3月22日、平和記念公園に植えられている国内外から寄付された樹木に、樹木の種類などが書かれた説明板を設置しました。

この説明板は、広島市、広島市立広島工業高校の皆さんとの合同PBL(Problem Based Learning:問題解決型学習)で取り組んだもので、2017年からグループ学習、フィールドワーク、デザイン等を通して制作してきました。説明板には、「語り継ぐ平和の緑」というメッセージやイラストが添えられ、また寄付の経緯を紹介するホームページに誘導するQRコードもつけられています。

「平和の寄付樹木」ということを理解していただくために、多くの人々に立ち止まってもらえるようなデザインを目指しました。また、日本国内だけでなく、海外の観光客の方にも理解してもらえるよう英語表記もつけました。

この説明板を通じて、戦後、平和の願いが込められた数多くの寄付樹木が国内外から寄付されたことについて知っていただきたいと思います。

 

3年沖増

広島市ホームページ 平和記念公園の寄付樹木について

 

関連記事

  1. 平和の鉛筆画展 (ヒロシマの心を世界に2018)

  2. ノーベル平和賞受賞団体ICANのベアトリス・フィン事務局長と若者との対…

  3. 「平和の寄付樹木の説明板設置」について中国新聞 朝刊で紹介していただき…

  4. 広島市青少年平和・文化イベント ヒロシマの心を世界に2017参加

  5. 「ひろしま子ども平和議会」でアニメーションを発表しました

  6. 世界平和フォーラムに参加しました

  7. ピース メッセージ フェスタ イン ヒロシマ

  8. 平和のアニメーション上映会に参加しました

PAGE TOP