創造表現コース授業レポート(3年生 彫塑)

彫塑の授業では粘土で自刻像を制作しています。生徒自身が完成イメージを膨らませ、芯棒も実際に組み立てて、粘土をつけていきます。

鉛筆や油彩などでの自画像はこれまでの授業で何度も描いている生徒達ですが、立体になるとまた違った難しさが出てきます。

普段は意識しない内部構造(骨格や筋肉)にも注意を払いつつ、普段は見えない後頭部なども観察して表現します。分かりにくい部分なども鏡を使いながら細部まで観察し制作していました。

自刻像の後には模刻や足の制作も行っていきます。

美術科

関連記事

  1. 授業レポート(3年生 コンピュータグラフィックス) 縫製作業に入りまし…

  2. 創造表現コース授業レポート(3年生 油絵)額装をしています

  3. 3年生工芸の授業で藍生葉染めを行いました

  4. コンピュータグラフィックス(CG)の授業

  5. 3年生専門授業「美術創造」 デッサン講評の様子

  6. 創造表現コース授業レポート(3年生 工芸)様々なジャンルの作品が出来上…

  7. 工芸の授業

  8. 彫塑授業風景

PAGE TOP