一年生の授業〜初めての陶芸〜

現在、1年生は授業で轆轤(ろくろ)を用いて作る陶器のカップを制作しています。作るカップのデザインに指定はなく、皆自由な発想でカップを制作しているようです。

初めての陶芸体験はとても難しく、時間が経つと、組み重ねた土の重みによって形が歪み茶碗のような形状に変形してしまい、イメージ通りの形を作るのに苦労しているようでした。

形が出来上がると、次は最も重要な工程ですが、強度を持たせるために器の厚みを少しずつ薄く、そして厚みを均等にして調整しなければなりません。器の厚みが薄過ぎれば割れやすくなってしまい、反対に厚過ぎるとマグカップとして使いにくい物になってしまうという、とても難しい作業です。

全てが新鮮で難しくも楽しい粘土での成形が終われば、次はそれを窯で焼く工程に入ります。

完成した作品は7月6日(土)の文化祭で展示します。是非見に来てください。

創造表現コース2年   土手

関連記事

  1. アートけん玉の制作を行いました

  2. ペン画によるイラスト制作に取り組みました

  3. 1年生授業風景(人物クロッキー)

  4. 1年生の授業では油絵による自画像を描きました 

  5. 創造表現コース新1年生 活動開始しました

  6. 創造表現コース授業の様子(1年生石膏デッサン)

  7. 1年生授業は「透明水彩による静物画」です

  8. 1年生「陶芸(茶碗の制作)」

PAGE TOP