創造表現コース授業レポート(3年生 絵画)コラージュ技法を学習しました

コラージュ技法による作品制作は授業で扱われることも多いので、制作した人も多いのではないでしょうか。コラージュとは、紙や写真、布などを切り貼りして画面を構成する技法です。制作に入る前にキュビスムの考え方、キュビスムやダダの美術家たちの作品を取り上げて学びました。そのためコラージュの起源が理解でき、作品の表現の幅が広がったように思います。

作品制作では用意していた写真を切り抜き、新たに模様を作り出す姿や、貼り付けた写真などに絵の具や色鉛筆でさらに着色をしている姿、紙を折り曲げるなどして立体的にしたものを貼り付けている姿などがみられました。

作品制作後は全員で鑑賞を行いました。数人の生徒に好きな作品を挙げてもらい、どの点が好きなのか発表してもらいました。鑑賞した人からの意見を聞くと、自分が伝えたいことだけでなく自分では意図していなかった部分にも注目してもらえ、新たな見方や発見につながります。今回の鑑賞で感じたことや考えたことを他の作品制作や鑑賞活動にも活かしていってほしいと思います。

美術科 北岡

関連記事

  1. 授業レポート(3年生 日本画) 彩色作業に入っています

  2. 日本画授業風景

  3. 創造表現コース授業レポート(3年生 日本画)大作自画像制作

  4. 授業レポート(3年生 コンピュータグラフィックス) 縫製作業に入りまし…

  5. 3年生工芸の授業で藍生葉染めを行いました

  6. 創造表現コース授業レポート(3年生 彫塑) 足の制作に入っています

  7. 創造表現コース授業レポート(3年生 彫塑)自刻像制作は石膏取りに入って…

  8. 創造表現コース授業レポート(3年生 ビジュアルデザイン) 4つ目の課題…

PAGE TOP