広島市立高等学校の生徒による広島市議会への提案発表会

11月6日(月)、広島市議会主催の「広島市立高等学校の生徒による広島市議会 への提案発表会」が行われ、本校から創造表現コース・美術部の在籍する1年生6名が学校を代表して発表しました。

この発表会は、広島市議会が「市民が身近に感じる開かれた分かりやすい議会」を目指す中、選挙権が18歳以上に引き下げられたことなどを踏まえ、高校生によるフレッシュなアイデアや提言等を幅広く聞くことにより今後の議会活動の一助とするもので、発表した高校生にとっても政治や行政への関心を高めることを目的として、今年度初めて計画実施されたものです。

高校生は日頃の各教科の授業、ホームルーム活動や生徒会活動等により身につけた知識を活用し、身近な地域のことについて自ら課題を見つけ出し、その改善策等を広島市議会議員の皆様の前で発表しました。

基町高校では、市立広島工業高校と市立広島商業高校の3校合同で取り組んできた取り組みを発表しました。参加した高校生は、緊張した様子でしたが、自信を持って自分たちの学習の成果を発表し、貴重な経験をすることができました。また、この取組を通じて、広島市の政治や行政への関心を高めることができました。

 

美術科

 

関連記事

  1. 広島市地球温暖化対策地域協議会主催「エコ川柳」イラストを制作しました

  2. 広島アートフェスティバル2019に参加しました。

  3. ひろしま図書館まつりのための玄関装飾を行いました

  4. 折り鶴再生プロジェクト「天皇盃 全国男子駅伝 特別入賞トロフィー」の制…

  5. 「ひろしまドリミネーション2008」生徒デザインによるモニュメントが設…

  6. ウェブサイト・創表日誌 始まりました

  7. 「広島応援メッセージ」の募集を行いました

  8. パセーラ七夕ディスプレイ展示作業

PAGE TOP