1年生の授業では油絵による自画像を描きました 

一年生の授業で、油絵の具を用いて自画像を描きました。授業での自画像の制作は、今回で二度目になります。鉛筆デッサンによる一度目の経験を活かし、鏡で自分の顔を観察しながら制作しました。

自画像の制作において、顔の陰影は重要なポイントとなります。デッサンで描いた時とは異なり、今回は油絵の具で陰影を描くので、鉛筆とは違う質感や表現の仕方に苦戦しましたが、それが新鮮で、楽しくも感じました。

顔の表情だけでなく、混色、塗り方、筆の使い方など、人によって表現の仕方は様々です。中にはつまようじやティッシュなど、筆ではない道具も使ってユニークな描き方に挑戦する人もいました。

「似ていること」も大事ですが、「どんな思いを自分(自画像)に込めるか」を第一に意識して制作しました。それぞれの特徴と経験を活かした、良いものができたと思います。

創造表現コース1年 土手

関連記事

  1. アートけん玉の制作を行いました

  2. 1年生「陶芸(茶碗の制作)」

  3. 1年生授業は「透明水彩による静物画」です

  4. 創造表現コース授業の様子(1年生石膏デッサン)

  5. 一年生の授業〜初めての陶芸〜

  6. 創造表現コース新1年生 活動開始しました

  7. 1年生授業風景(人物クロッキー)

  8. ペン画によるイラスト制作に取り組みました

PAGE TOP