「第19回 非戦・平和展」で原爆の絵が展示されました

3月28日〜5月15日まで京都市下京区の真宗大谷派(東本願寺)参拝接待所ギャラリー1階で「第19回 非戦・平和展」が開催され、原爆の絵の原画が展示されています。4月2日には関連イベントのシンポジウムに創造表現コースOBである石田菜々子さん(69回生)が登壇し、自身の作品「御幸橋より 波に漂う屍」(油彩画・平成28年制作)についての説明や、取り組みに対する思いをお話ししました。会場では多くの来場者が被爆体験に耳を傾けながら高校生たちが描いた作品にじっと見入っており、原爆の絵について広く知っていただくことができました。

美術科

関連記事

  1. 2018ピースアクションinヒロシマ~ヒロシマの心を次世代のあなたへ~…

  2. 「原爆の絵」が完成しました

  3. 原爆の絵

  4. 原爆の絵画展(ヒロシマの心を世界に2018)

  5. 原爆の絵完成披露会が行われました

  6. 国際シンポジウムに参加しました

  7. 「次世代と描く原爆の絵」完成披露会を行いました

  8. 「原爆の絵」を通した交流活動〜大阪府立松原高校平和交流会〜

PAGE TOP