高大連携芸術専門講座に参加しました。

高校生が大学の授業を体験することが出来る高大連携講座が、広島市立大学芸術学部で開催されました。今年は彫刻講座で、塑像による首像彫刻の制作を行いました。

芸術学部のアトリエ紹介や彫刻についての講義の後、本格的に首像の制作が始まりました。

始まってすぐは、まず軸となる木材に粘土をつけ、頭のだいたいの大きさをとらえるだけでしたが、頭と首のバランスをとるため、よく考え、観察しながら粘土をつけていく必要がありました。

講師の皆さんのアドバイスや、デモンストレーションとして同じように首像を制作している大学院生の方の進め方など見学することができ、普段体験できない貴重な時間を過ごすことができました。

今まで塑像をしたことがない生徒も、楽しく集中して制作することができたようです。

 

創造表現コース2年 神

 

PAGE TOP