ピースあいち企画展「高校生が描くヒロシマと丸木位里・俊『原爆の図』」トークイベント

昨年夏にアステールプラザにて開催した「高校生が描くヒロシマ 原爆の絵画展」がきっかけとなり企画された本展覧会では、原爆の絵の原画10点が、県外で初めて展示公開されました。

展覧会の開催と合わせて、7月29日には、丸木美術館の岡村学芸員、原爆の絵を描いた3年生の曽根さんと64回生OBの富田葵天(そら)さん(東京芸術大学大学院2年)、原爆の絵の指導に当たる橋本先生によるトークイベントが行われました。愛知県東邦高校の美術科の生徒さんも来場されていて、来場された多くの方からの感想や、質問などがあり、予定されていた2時間を超えるものになりました。

(戦争と平和の資料館「ピースあいち」にて)

 

美術科

関連記事

  1. 高校生が描いたヒロシマ 原爆の絵画展

  2. 原爆の絵

  3. 「原爆の絵」が完成しました

  4. 「原爆の絵」を通した交流活動〜岐阜県関ヶ原町立今須中学校 原爆の絵交流…

  5. 原爆の絵完成披露会が行われました

  6. 次世代と描く原爆の絵 初顔合わせ会を実施しました

  7. 2018ピースアクションinヒロシマ~ヒロシマの心を次世代のあなたへ~…

  8. 高校生が描いたヒロシマ 原爆の絵画展 開催。

PAGE TOP