「高校生が描いたヒロシマ 原爆の絵画展(広島国際会議場)」開催のご案内

広島市立基町高等学校創造表現コースでは平成19年度より毎年、被爆体験証言者の方とともに「次世代と描く原爆の絵」を制作しており、現在までに137点の作品が完成しています。この作品は市民、マスコミから注目を集めているものの平和記念資料館のスペースの関係で十分な展示ができず、広く公開する要望が寄せられているため、昨年12月に平和記念資料館に隣接する広島国際会議場においてその作品の一部を一般公開いたしました。この度、4回目の展示を行うことにより、平和のメッセージを国内外に伝えます。

また、8月7日(水)午前10時、8月16日(金)午後3時より基町高校生徒によるギャラリートーク(作品解説)を行います。(1時間程度を予定)生徒たちが被爆体験証言者の方から受け継いだ平和への思いをお聞きいただければ幸いです。

PAGE TOP